オリックスにブーゲンビリアの小鉢など贈呈 (日刊ス

2018年02月12日




 オリックスは12日、宮崎ブーゲンビリア空港からブーゲンビリアのレイ、小鉢が贈呈された。贈呈式には金田和之投手(27)、山本由伸投手(19)が出席した。

【写真】笑うオリックス金田に阪神前監督驚き「初めて見た」

 ブーゲンビリアは熱帯に生息する花で、14年にはその名前が宮崎空港の愛称として採用された。オリックスは例年キャンプロゴなどにブーゲンビリアのイメージしたものを取り入れている。その感謝の意味も込めて贈呈が行われた。





Posted by iy6978@inter7.jp at 12:22│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。